bone cells について



オンライン個展 "the night falls" 日々の暮らしの中で、「これは美しい!」と思うものに突然出会うことがあります。

そういうときは、必ずスマホでその写真をとって記録するようにしていて、いつか創作に盛り込もうと考えています。


そのうちの1つが、NHKの科学スペシャル番組「人体」でした。

わたしは、そこで一瞬だけ移った骨細胞の拡大写真に心を奪われました。


わたしはかぼそい線や自由なかたちの様々な線を描きますが、人間の体もまたひじょうに細やかで不規則な線の集合体で出来ているのだということを、その写真は物語っていました。

この作品は、そういった骨細胞の拡大写真群をモデルにしつつ、わたしの感性による線を展開しています。


ここまで拡大していくと、人体もまた宇宙のようなもの。

わたしたちひとりひとりが、それだけ広大なものを内包している尊い存在なのです。


重みを持ちながら浮かび上がる五角形は、五体 - つまり人間の身体のメタファーです。


使用画材は


万年筆インク

 文具店TAG 京の音「濡羽色」

 Diamine "Starlit sea"

Vintaink "Pastel blue"


クレヨン(コクヨ 透明くれよん)

次亜塩素酸ナトリウム溶液

17回の閲覧

© 2019 momokei